So-net無料ブログ作成
検索選択

       

海の向こう [たまには まじめ]

本日の記事は 一部 閲覧に置いて

気分が悪くなることがありえますので

事件などに弱い方は

スルーしてください。




芸能人が 麻薬だの 覚せい剤だの 使用したことが話題になっています。


遠く メキシコでは 麻薬関連の闘争や 売買などに巻き込まれた、

若い男女(複数)が 農場に 埋められているそうです。

その数 240体以上。


世界一凶悪な組織 といわれる 麻薬ギャング

150人以上の殺害に関与している女ボスもいるそうです。


行方不明の子供の母親たちが 行方を知るための活動中に

麻薬ギャング(カルテル)が 高級車で乗り付け 

農場の地図を渡しました。

♰マークが無数にかかれた場所で 遺体が続々と発見されたとのこと。

現在も探索続行中。

※ 日本の「農場」とは違い、桁違いに広いようです。


抗争地域のポリスマンの80%は買収されている

糾弾や追及しようとしたマスコミ関係者も多数 殺害されている


糾弾を約束した市長(女性)は 数度の襲撃をうけ

辞職後に 撲殺されています。

(辞職後でセキュリティが甘くなったから?)



貧しい層の子供たちの将来の夢は

麻薬の販売人になること だそうです。

高級車に乗り、高級スーツを身にまとい

食事に不自由はなく、豪勢な家に住めるから。


メキシコだけではなく 

そういう国が海の向こうに いくつも あること。




日本では

綺麗な衣服 メンテナンス済の車 

ブランド物のバッグや靴・ジュエリーをつけて

公共交通を使える、夜間外出できる、

稀な国でもあります。

セルフセキュリティは 気持ちだけ?


日本は だいたいにおいて 

外国に比べれば 安 全 なのです。


テロの発生も極めて少ない。


でも 精神的に 物理的に 

 他 国 に

浸食されることがないように

気を付けなくては。


 
メキシコ麻薬戦争: アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱

メキシコ麻薬戦争: アメリカ大陸を引き裂く「犯罪者」たちの叛乱

  • 作者: ヨアン グリロ
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2014/03/07
  • メディア: 単行本


nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 2

デルフィー

海外のヤバさは桁が違いますよね;;
by デルフィー (2017-06-09 07:05) 

まつき

私は日本に生まれてラッキーだと思ってますが、
一部、他国に侵略されてるような日本人の方々は、
そうは思わないようで┐(´д`)┌
Sク、2日連続で当たってますよ~!(^^)!
by まつき (2017-06-09 18:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0